ホーム > 規程・通達・取扱 > 登録の有効期間の特例
JPTEC 協議会 規則第9条

「登録の有効期間の特例」

代表理事は、災害その他やむを得ない事情があると認めるときは、理事会の決定を経て、JPTECインストラクターの登録の有効期間その他前2条の規定による登録の有効期間を延長することができる。

※規則第9条の「理事会の決定」に関する内規

規則第9条に掲げる「理事会の決定」に当るものとして、次の5か条を定める。

(平成20年5月24日理事会承認)
※当時の有限責任中間法人としての規則に定める内容ですが、現在の一般社団法人JPTEC協議会定款施行規則第10条の「理事会の決定」に関する内規と同義です。

(1)JPTECインストラクターの資格を有する者、JPTECプレインストラクターの登録を受けている者又はJPTECプロバイダーの資格を有する者が、コースにおいて指導を担当するときに、天災地変の事由により当該コースが開催されなかった場合又は当該コースが途中で中止となった場合は、当該事由が発生した日から起算して6か月を経過した日の属する月の月末まで、それぞれの登録の有効期間を延長することができる。

(2)JPTECインストラクターの資格を有する者、JPTECプレインストラクターの登録を受けている者又はJPTECプロバイダーの資格を有する者が、妊娠、出産又は育児のためにコースに参加できなかった場合は、当該事由が消滅した日から起算して6か月を経過した日の属する月の月末まで、それぞれの登録の有効期間を延長することができる。

(3)JPTECインストラクターの資格を有する者、JPTECプレインストラクターの登録を受けている者又はJPTECプロバイダーの資格を有する者が、病気療養のためコースに参加できなかった場合は、当該事由が消滅した日から起算して6か月を経過した日の属する月の月末まで、それぞれの登録の有効期間を延長することができる。

(4)JPTECインストラクターの資格を有する者、JPTECプレインストラクターの登録を受けている者又はJPTECプロバイダーの資格を有する者が、留学または長期海外出張のためコースに参加できなかった場合は、当該事由が消滅した日から起算して6か月を経過した日の属する月の月末まで、それぞれの登録の有効期間を延長することができる。

(5)JPTECインストラクターの資格を有する者、JPTECプレインストラクターの登録を受けている者又はJPTECプロバイダーの資格を有する者が、上記以外の事由でコースに参加できなかった場合は、当該事由について連絡調整委員会で決議し、必要があれば本規定に加えることができる。

以上

JPTEC協議会規則第9条に定める資格及び登録の有効期間延長承認申請書

JPTECはJPTEC協議会の登録商標です. Copyright (C) 2008-2017 JPTEC. All Rights Reserved.